日本形成外科学会専門医の教育関連施設 - 医療法人 冨士森形成外科 Fujimori Plastic & Reconstructive Surgery

診療案内

主な診療項目

医療設備

最新医療設備を揃えております。

また、その他の治療も行っております。他の医院で完治しなかった症状や、効果が現れなかったものがあれば、当院に一度ご相談ください。

診療時間

診療時間

※1 手術日は原則として診察は行っていません。
※2 第5土曜、日曜・祝日はお休みです。
水曜日と土曜日は院長の診察はありません。

受付事務は診察の10分前からです。

臨時の休診についてはトップページのお知らせをご覧下さい。
入院手術は地下鉄烏丸線北山駅近くの北山武田病院で行っています。

診療特徴

最近老化皮膚の治療、ピーリングの希望が多くなってきましたのでその対応の強化も図っておりますが、診療内容はあくまで専門的な熱傷、外傷、手術、放射線照射等による瘢痕・拘縮の修復、特に目、鼻、口等顔面の変形の最終仕上げ手術等を主軸に掲げております。もちろん母斑、血管腫、良性、悪性皮膚腫瘍、整容、美容外科、にきび、ホクロ、しみ、老人性色素斑なども診療対象となります。

来院を検討されている方へ

原則として新患は院長が診察しますが、主治医は各専門の医師が担当します。ご希望であれば診察時に実際の症例写真をお見せしながら説明いたします。

上記の診療項目に当てはまった方は、当院へお気軽にご相談ください。

症例

症例A

症例写真A

乳児期の悪性腫瘍で眼球摘出後義眼を装着しているが、びっくり眼、奥目等の変形の治療を希望して受診された患者さんです。
植皮術、脂肪移植術等の形成外科手術を施行して改善しました。

症例B

症例写真B

交通事故による瞼の欠損、変形、引きつれの症例です。
周囲の健常皮膚を移動、移植したり、さらに植毛、二重瞼等を加えて修復しました。

症例C

症例写真C

外傷による瞼の引きつれ、特に目頭の修正を希望して受診された患者さんです。
瞼の皮膚を移動、移植して目頭を形成しました。

症例D

症例写真D

顔面の熱傷の患者さんです。
植皮を主とする沢山の手術を耐えてきれいになられました。

症例E

症例写真E

先天性奇形の患者さんです。
上口唇の欠損、変形に対して下口唇の皮弁で修復しました。

症例F

症例写真F

顔面中央の熱傷瘢痕です。
まず鼻周辺の瘢痕を切除。両側頬部から皮膚を引き寄せて修復し、上口唇の皮膚の不足は下口唇からの皮膚と粘膜で補足。鼻は上腕の皮膚を移植しました。シリコンインプラント埋植。

症例G

症例写真G

腫瘍摘出後の鼻翼欠損の症例です。
額の分厚い皮膚を移植しました。そのままでは団子鼻になるので、後で鼻翼の溝を創ると鼻らしくなります。

症例H

症例写真H

隆鼻術のシリコンインプラントが露出して鼻尖部が欠損した症例です。
額から細い皮膚弁を移植して修復しました。

症例I

症例写真I_a

四歳女児の色素性母斑です。

症例写真I_b

同年に植皮。

症例写真I_c

植皮後10年の状態です。
植皮辺縁部の仕上げもほぼ完了。
開口運動も良好です。

症例J

症例写真J

一歳男児の額の色素性母斑です。
縫縮術とドライアイス凍結凝固療法による最少の瘢痕化で改善をはかりました。